上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。


--------------------------------------

栗林公園・金比羅宮・善通寺(香川県)

絵になる木々を見ることができた。

栗林公園

後々、友達が俺の写真見て、「伊衛門のCMに出てきそう」って言ってた。(なるへそ・・・
-----------------------


倉敷のでいろんな種類のきびだんごがあったせいで、(前回日記へ)

どれを買おうか悩みすぎた。

気づいたときには、すでに電車出発予定時刻の15分くらい前。

「うぉ!!やべぇ、のり過ごす!!」

駅までダッシュした。(ギリ間に合った。

(旅において、快速に乗るのと各停に乗る(18切符なので)のとでは旅の内容にかなりの差がでた。

なので、なるべく電車に乗る時間を少なくかつ、行く先々に見合った時間調整をするようにした。)



岡山までまた戻って、(合計何往復しただろ?笑

乗り換えて、南へ向かう。

瀬戸大橋を渡るとそこは・・・

瀬戸大橋を渡る


高松。(香川県の県庁所在地)

四国で右上の県ね。(実は東京の人って、四国の県の位置覚えてない人が多いんですよ。笑)


「ヤッホー!! 初、四国上陸!!」 (ウホ、なんもねぇ笑

(しかも、雨降ってんじゃん。さみぃ)


近くにあったバス案内所のバス案内嬢に栗林公園の行き方聞くと、

もうすぐそこの栗林公園行きのバスが出るからそれに乗って行ったら?って言われ、

そっこ~ローカルバスに乗り込んだ。(出発一分前

商店街か何かを抜けて、バスが進んでいくと、人が見当たらなくなる。



そうして、栗林公園前にバスが到着。

栗林公園は気候などの関係か、見たことのないような木が結構あった。

栗林公園入口


とにかく風情があって、その風景に見とれてしまう。

栗林公園内部



桜が綺麗に咲いている。

桜



表現の仕方がわからないが、かなり良い庭園だった。

栗林公園の茶室


※注意:中国人観光客が大量発生していたので俺のように気を害さないように、
     早朝に行くといいと思います。笑



そして、香川といえば讃岐うどん。

栗林公園のおっちゃんにオススメを聞いて、(讃岐うどん食べ歩きの地図までくれた。笑

その場所へ直行!!

徒歩5分か10分のところにあった。

ってか、本当に至るところにうどん屋がある。

行ったのはココ↓

讃岐うどん



まず、「うどんくださ~い!」って言うと、

ドン!!と、器に茹でただけの麺が出てくる。

俺が「はっ?!」って顔してると、

おばちゃんが、「後ろにあるレバー引っ張って汁入れんさい。」と、

「な、なぬ~!」

この時初めて、すべてセルフサービスだということを知った。笑


で、具とか何も入れないので、めっちゃネギと天カス入れて、

讃岐うどん


めっちゃくちゃ旨かった。

マジ旨かった。

汁の色は薄いが、味がしっかりしてる(伊勢うどんの色とは歴前の差。

麺は歯ごたえあり。ノド越し最高。


価格は確か200円くらいだったと思う。(激安っ!!笑


-----------------------------------

そして、琴平線の栗林公園駅から琴電に乗って、終点の琴平まで。

着くと、また雨がポツポツ降ってるではないか。

レインコートを装備して、いざ金比羅宮へ出陣。

金比羅神宮



10キロ位のバックを背負ったまま、階段を上るのだ。(初めの方の階段↓)

金比羅神宮のの階段


参道の石段は奥社まで登ると1368段にもなるという・・・

マジこれ筋トレ!!

奥まで行ってないけど、かなり骨が折れた。

(途中のお土産屋さんでバックを預かってもらおうかとも思った。笑)


そして、軽く雨が降っていたせいで観光客が皆無だった。

俺はここで何故こんなことをやっているのだろうかと、疑問に思ったりもした。


でも、途中から便意を催して・・・

頂上のトイレを目指すという目的が生まれた。(奇跡やぁわ~


そして、到着。

すぐさまトイレを見つけ、放尿。


しかし、まだ上に続く階段が・・・しかも、さらに急な階段。


ここまで、来たのだからと、足に鞭を打って、

登り切る!!


上からの景色・・・・・・・・・・

金比羅神宮から


「おいっ!! 何にも見えねぇよ!!」


絶対イイ景色だったはずだったのに、霧で何も見えんかった。。。泣

【得られた結果と考察】雨の日には霧が深し、晴れの日に行くべし。


そして、そこにいた最高級の神様に会った。(実はこれが目的)
金比羅神宮本堂



そして、ふと気づくと電車の時刻が刻々と迫っているではないか。

ここの電車は一時間に一本。一度乗り過ごすと、一時間・・・待つことになる。


登って来た時間を考えると、確実に間に合わない。

よし、帰りは下り。

「ジャンプして帰れば!!」と、思った。



が、実は10kgを背負っっているので、急な階段を一段抜かしは危険。

&大腿四頭筋に瀕死警報・・・

ハァ ハァ ハァ

金比羅神宮階段中腹


半分、壊れた人になって一心不乱に一段一段、駆け降りた。

そして・・・何とか間に合った。ふぅ~

琴平駅前↓
琴平駅前


---------------------------------

そこから、善通寺へ。

善通寺門


善通寺は駅から遠いかった。

善通寺


ぶっちゃけ、一時間もかけて観光する場所でない。笑


30分くらいで観光し終わってしまい、今度は1時間に1本の電車(終電)を待つ。

果たして、階段ダッシュの努力は何だったんだろうか・・・



(オススメは栗林公園と、神様に会える金比羅宮です。みなさんもぜひ来てみてくださいな)



この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

まだ、見ぬ世界、そして限界に会える。一人旅は新しい世界を作り出し、

そこでまだ見ぬ自分を作り出すのだす。

それもまた一人旅の良さだと思う。



押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif

↑128位(順位上昇中・・・押してくれる方求む)


●シリーズ:西日本一人旅の「TopPageへ戻る」●



2007.12.15 Sat l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。