上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
大学生の一人旅は夏の暑さにも負けず熱い。
5日間の東日本一人旅日記を通して、ひとり旅のよさを感じてもらいたい。

2007年08月28・29日 東日本一人旅 (一日目・二日目)

世界遺産登録を目指す!! 平泉、毛越寺。


毛越寺
(翌朝の写真)

腹を空かせて降り立ったのは岩手の「平泉」という駅。

この歴史に疎い俺が国語の授業で聞いたことがある知名なので、有名な土地なはずです。

現在、世界遺産申請中。世界遺産になれるのでしょうか。


さて、駅前にコンビニがなく、食うものがなく、真っ暗闇の中、彷徨い歩いていると、

ポツポツ見える灯り。

居酒屋・・・

いや、さすがに激安一人旅なのに一日目から居酒屋で食ったら大変なことになるぞと我慢。。。

次に、見つけた灯りは乾物店?

中に入ると、自営っぽい雰囲気満点。

でも、お弁当がない!!

しかたなく売れ残って割引シールの貼られたお惣菜を購入。

白米がないので、サトウのご飯を購入。(カップラーメンなんぞ食えるか~!!

ということで、一日目の晩御飯は泣く泣くヘンピな売店で買いました。(笑



そして、辿りついた先は目的宿泊地、毛越寺

実際は真っ暗↓(翌日朝の写真)
毛越寺 一人旅

着くとビックリしたのなんのって、ユースホステル(民宿)だと思って着いたら、真っ暗なのね。(笑

それもそのはず、正真正銘の寺だった!!

門を開けて中に入ると、ユースの看板! (ちょっとホッとした。

なんと、ユースがその地の歴史的建造物である毛越寺の中にがありました。

しかも、ペアレントはつるっパゲの御坊さん。(笑

うぉ~なんか、愛嬌たっぷりやん♪


過去に日本、海外など数々のユース泊ったが、こんなユースは初めて。

だって、お寺の横の宿舎にお泊りだよ。(※今このユースは泊まれなくなったらしい

しかも、もちろん拝観は無料。笑

YHのマークが見えるかな・・・?(翌日の写真)
毛越寺 YH


んで、運が良いことに徒歩7分の所に温泉が500円であるという。

買った不味い飯をそそくさと食べて、すぐ温泉に行った。

ちょーヤベェ。 半端なく気持ちよかった。

一日歩き続けた疲れは温泉が流し去ってくれる。


そんで、温泉上がりといえば、もちろんビンの「牛乳」。(しかも、右手を腰に当て一気飲み。

しかも、ここ岩手では、もちろん小岩井牛乳でした。(笑


ユースへ戻ると、ロビーで他の宿泊者がギャハギャハ話してました。

そう! 本当のユースの醍醐味は同じ旅人との談話。

全く知らない人々だが、共通点がある。それは旅人。

やはり、同じものを目的とするだけあって、話が合う。 (というか、旅の話ばっかり。笑)

昨日はあのユースに泊まっただの、あの観光地は良かっただの、

さっき出会った人なのに、ちょー盛り上がる。

しかも、目的地についてのマメ情報がたくさん聞ける。



はい今、「私は(俺は)、無理だな~」と持った人!

実はユースの宿泊客には暗黙のうちに談話を楽しむというルールがあって、

みんな互いに声を掛け合うのが普通なんですよ。(思いこみの場合あり。笑)



このときは、ビールを片手にテレビで世界陸上みながら棒高跳びでギャーギャー言ってました。(笑

泊まっていた人の中には東大を退学した見かけヤンキーや

北大の歯科学部の見かけ優しいおばちゃんがいて、学生も少なくない。


そんなこんなで、ほろ酔い気分のゲラゲラ爆笑で一日目は過ぎて行きました。


次回は、座禅初体験のお話。



一人旅、ユースなどの民宿での出会いや談話は一つの楽しみです。

俺はユースにて、ビールを片手にガヤガヤ話し合うのがとっても好きです。

自分が知らない旅の知識やテクニックを皆さん持っています。それらを共有し合い、

そして、旅をさらに面白くさせていくのです。それも一人旅の楽しさです。

しかも、全く知らない世代の違う人と話し合うって、とっても素敵だし、魅力的。

かつての日本にあった、日本人の原点ってありそうですよね。



~ルート~

大きな地図で見る

予想外に東日本一人旅が人気なので、調子に乗ってバンバン書きます。

海外一人旅日記はもうちょいまだです。東日本一人旅日記これからもよろしくお願いします。

また、もしよければ学生ランキングをクリックしてください↓↓(お願いします!!)(たのむ~)

     banner2.gif

↑106位(上昇中♪ あと少しで100位突破やー!! )


Ke→taの京都の西日本一人旅おすすめ情報などもオススメですよ。
●「京都 一人旅」●
スポンサーサイト
2008.07.17 Thu l 東日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adventureinlife.blog48.fc2.com/tb.php/50-45a6887a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。