上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この旅は俺の初めての一人旅だった。

大そうなことは書けないけど、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。

2007年4月2日
松江城(島根県)

姫路に次ぐ、日本の誇れる城。

松江城




出雲大社そばのバス停まで戻り、電車に乗って、出雲市駅→松江へ。

前夜にも同じ電車に乗った通ったが、真っ暗だったのでわからなかったが、

この電車、宍道湖の真上を渡るんです!!

宍道湖は晴れた青空をそのまま映し出すように青くて澄んでいた。

それ、見てたら、


「あっ!!」


って言われた。何事かと振り返ると昨日石見銀山の周遊をともにした女性。


偶然同じ電車に乗っていたみたい。(笑

これはちょっとした運命?!とか思いながら、

松江に着くまでの約40分くらい?おしゃべりした。


昨夜、俺は松江駅前に唯一あったすき屋の牛丼というショボイ晩飯だったのに対し、

お姉さんは島根で有名なお肉(出雲牛?松江牛?)を食べたとか。

お金を持っている社会人の旅の仕方が羨ましく思えた。


貧乏学生の俺は出雲そばですらありつけなかったのに・・・涙


他には、お姉さんがヨーロッパのワーホリ行ってたときの話とか

聞かせて頂いた。 マジ盛り上がったさ↑↑



松江駅に着くと俺は下車して松江城へ。

その女性は、「見てる時間がないの~」と言って、松江城を見ずに、

乗り換えて岡山へ南下して関西の方へ帰っていった。



太陽が雲をぶち抜くように晴れ初めて、すきりと晴れた空気だった。

俺は徒歩で松江城へ向かう。

まず、宍道湖へ行く。

宍道湖は海みたいにバカでけぇ!! (笑

反対岸が全く見えない・・・


その宍道湖に沿って、橋をわたり、松江市役所?の前を通り、松江城へ。
松江城


この景色、やべぇ


松江城の天守閣までいってみる。
松江城



サクラと松江城のコレボレーション!!
松江城



やべぇ、最高!!


「若者は『やべぇ』しか言えないのか?」といわれるかもしれないけど、

それしか声がでない。どう表現したらいいのか、わからない。

とにかく、やべぇ。


このとき、桜前線の中と一緒に移動を続けていることを再認識。


中に入ってみると、こちらも姫路城と同じように立派な内部だった。

内部の一部。
松江城内


これは石を落とす穴で、敵陣が外壁を登って来た時に、大石を落としてぶつけるらしい。


また、姫路城と同じように上りの階段も傾斜があった。

天守閣からの景色。
松江城からの景色


ほれ、宍道湖が見えるでしょ。
松江城からの景色



帰りに受付の人に伺うと、この城も焼けてないらしい。

だから、内部はほぼ当時のまま保存してある城で姫路に次ぐともいわれるほどだった。

(やっぱり城は、当時のものを再利用したつくりでないと。)




松江城を見た後は、周辺を回った。


松江城周辺は武家屋敷となっていて、

松江 武家屋敷



歩くと気持ちがいい。

が、次の電車の時間が・・・

もしこれを乗り過ごしたら、鳥取砂丘が見れないので、

中を見ずに入り口で写真を撮り、駅までダッシュ!!
松江 武家屋敷



もう、汗をかくことなんて気にしないで、

とにかく2時間も待ちたくない一心で駅まで走った。

松江城外




この旅は俺の初めての一人旅だった。

一人旅では、どうしても上に登りたくなる。

城の上に立って、ひとりでたそがれるのだ。

それもまた一人旅の良さだと思う。




押してください↓↓(よろしくです!!)


↑120位
少し減退気味。押して!もうちょいで100位!!


●シリーズ:「西日本一人旅」●

スポンサーサイト
2008.05.10 Sat l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adventureinlife.blog48.fc2.com/tb.php/46-e2cc5f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。