上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この旅は俺の初めての一人旅だった。

大そうなことは書けないけど、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。

2007年4月1日
(山口県)

歴史を肌で感じる土地。

松下村塾
松下村塾



萩(山口県)の地に着いた

そう、元安部内閣総理大臣はここ萩の出身…たしか…

育ちは東京らしいが…


萩という地はあの有名な明治維新を支えた長州藩の地。

(※俺は歴史の事は詳しくしらないから、俺の一人旅は
間違っていることが多々あります(全力を尽くして書きます。笑)


とりあえず、萩ユースホステルに直行して(駅から徒歩15分

バックパックを置いて、チャリンコを貸してくれるので(500円くらいだった?


チャリンコで走ると、何やら過去に見たこともないような、風景が広がる。

萩の風景


それもそのはず、ここは明治時代、歴史を動かした地の一つなのだ。
明治維新始動の地
松陰神社にての碑)

この地には、未だにその名残が残っている。

萩の風景2


まずは、腹ごしらえ、朝から何にも食べてないよ~

萩での昼食


萩には安政の大獄で幕府に逆らった?吉田松蔭の旧宅(幽獄の時の)や

松蔭神社、高杉晋作が教えを受けたとされる松下村塾など江戸の物や

松下村塾

また、伊藤博文の銅像、木戸孝之の旧宅などなど…
伊藤博文



聞くところによると歴代で、山口県出身の首相が一番多いとか

田中義一、桂太郎の旧宅、高杉晋作誕生の地など昔の政治家の当時としては

豪華な武家屋敷が今も建ち並ぶ町でした。

特に田中義一(ぎいち)という過去に総理大臣になられた方の別荘には、当時のそのままの家が残っていました。

旧田中義一別邸
田中義一宅

造りは二階建てで、簡素なつくり。

お風呂だって、こうやって、二つ罐(カマ)があって、片方を火にかけて、中に入りたながら

もう一つの罐かたお水を入れて自分で熱さを調節するみたいです。
明治時代のお風呂

しかし、庭から見える景色は当時の位を思わせる気品でした。
田中義一別宅の庭



また、この地方は夏ミカンの発祥の地と呼ばれるほど、生産が盛んで、

萩の風景にはたくさんの夏ミカンが登場します。
萩:夏ミカン


こちらの旧田中別邸でも栽培をおこなっていたそうです。

その大量の夏ミカンを出荷するために、庭にはコレ↓ができたそうです。
萩:船着場

コレ今はふさがっていますが、過去には奥に見える川とつながっていて、

船着き場だったとか。自分ちの庭を船着き場にするなんて、なんて粋がイイのだろう(笑


そうそう、こういった話はボランティアの方が説明してくださいます。

また、僕はお土産にそこで採れた夏ミカンもいただきました。

ありがとうございます。


他にもチャリンコでこんな道をずっと行くと、(一人旅は行動力アップです。
萩の風景3

桂太郎元総理大臣旧宅など、

今では見られなくなったような、歴史的な文化価値が高い建築風景が見られます。

こちらは台所↓
明治時代の台所


しかし、こういう物を見ていると、とても時代背景が凄く気になります。

ほんと、中学で歴史もっとちゃんと勉強しとけばよかったなぁ。。。と感じる。


思えば、一人旅でたくさんの歴史物を回ると、建築にかんしてとても興味が湧きます。

ある神社では柱が絶妙なバランスで配置してあって安定を保ったり、

梁の使い方で、強度を高めたり…


他にも植物関係で、こういう地方にはこういった植物がよく育ってとか、

この植物は歴史的に…とか、この地の建築材にはこの木…とか。


とにかく、先人の知恵というものには大変驚かされる。

絶対に歴史や建築学、植物を知っていたらこの旅もさらに有意義になってたかと思うと

「勉強しときゃあよかったなぁ~」とか、思うんだけど、これは気の持ちよう。


「次のためにしっかり勉強したいなぁ~」とか思うようになると、

一人旅ってある意味、勉強のキッカケ(種)になる!”と新しい発見も生まれる。



他にも、伊藤博文旧宅などを回り、萩ユースホステルに帰ってきた。

ここのユースパパがめっちゃおもろい人だった。

ここのユースホステルもお勧めです。


ここでは相部屋に60位のオジサンがいて、仲良くなりました。

ここにいる間、終始話かけてくるのでめちゃめちゃ疲れた。笑

しまいには自分の子供自慢(2人医者)→説教じみた進路の話とか始めて、

ちゃんと聞いてたら、余計疲れたよ。

でも、こういう年代の方との話って滅多にできないし、聞いてて良かったかもな。

とにかく、俺は今の時期に吸収できるものはしないといけないんだなぁという発見だった。


他にもイタリア人がいて、そのイタリア人から見た日本人とかいうのを聞きました(笑

それも、ちょっとした発見だった。


この旅は俺の初めての一人旅だった。

一人旅はその一人でいる時間、本当に自分と向き合う時間がたくさんある。

自分の興味や関心の向き方が、一人旅では発見があるのだ。

その一人旅の時間に発見したことが、日常の生活や勉強する姿勢に影響する。

それもまた一人旅の良さだと思う。



押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif

↑214位
更新し始め、また徐々に上昇。


●シリーズ:「西日本一人旅」●


スポンサーサイト
2008.04.05 Sat l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://adventureinlife.blog48.fc2.com/tb.php/44-ced9000b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。