上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。




三ノ宮・神戸(兵庫県)

大震災から復活した地。

山と海に挟まれてて自然が気持ちいし、

都心からも離れてないし、住むには最適な地な気がした。

112123.jpg




なんせ毎日、重さ8キロのバックパックを背負い。

一日休みなく観光地巡り。(骨が折れる…)

マジで足が疲労骨折しそう。(つれ~よ~)

バッグが肩に食い込み、そこに硬い爆弾が二つできた
(ふと、母さんの肩凝りが身に染みる…泣)


もう一種の修行の域に入ってる。。。(ってくらい、歩き疲れました。笑)



うおぉ~!!

でも、これからはテンションあげ↑あげ↑で!


一昨日は名古屋で観光だったさ(前に書いた)

夜は名古屋から三ノ宮(兵庫県)へ移動


結局、京都、奈良、大阪は桜が咲く頃のお楽しみで行かなかった


三ノ宮はまるで大宮のような若者の人混みだったから(ちょっと言いすぎかな?

大きなバッグを背負った俺は浮いてたかもね。

一番栄えているのは、神戸の駅じゃなくて、三ノ宮なんだね(笑


三ノ宮は駅周辺は人ウザイけど、少し離れるとイイ。

元町駅で降りて神戸港へ

まず、海の方に歩くと、中華街があり、

11214.jpg

(ちょっと不気味。。。笑)


港まで行くと、神戸ポートタワー

神戸ポートタワーとか東京タワーに負けずめっちゃかっこいいし☆(ちょ、マジテカテカやん。笑)

11213.jpg


メリケンパークとかいうのが近くにあって、

11216.jpg


夜景はモロバッチリだった。

完全にデートコース!!

(そこを似合わない男が重いバックを背負って彷徨っていましたw)

夜景が素晴らしすぎたよ

兵庫のこのあたりがこんなにいいところだとは知らなかったわ~

11217.jpg



海に山に囲まれて、まるで鎌倉。

いつか住みたいなぁ~と、ふと思ったりしちゃったり。

そしたら、関西弁身に付くかな?(バイリンガルになりてぇ)



宿は三ノ宮で3件くらい目星をつけた

もちろん、ネットカフェ!!(いやいや、普通の宿に泊まるお金ありませんから。

(※ネットカフェ・・・漫画喫茶。略して満喫ともいう。)


知らない人もいるかもしれないけど今時のネットカフェは

格安スウィートホテル!!(ジャパネット高田風に…

ネット、漫画、TVがすべて見放題、

ドリンクが飲み放題はもちろんのこと!

シャワーも完備!ドライヤーまで貸してくれる!
(シャンプーやタオルも貸してくれるところもある)

場所によっては夜食がある!

寝る用の個室だってあるから横になって寝れる!

毛布も貸してくれる、枕もある。(誰が使ったのかわからないヒドイものだけど。笑

(でいて、たばこの臭い付き。)

それでいて、一泊のお値段これっ!


「1500円!! 」


安いっ!!

東横インの半分以下!


(…俺はこんなに安いとはしらなかった。)

おかげでこの快適すぎて逆になかなか寝られなかったわぁ~
(なんたって、アダルト系が見放題だかんね。旅中なのにもうギンギンのピンピンでしょ。笑)



周りのうるささに目が覚め、睡眠約4時間ちょっと(深夜2時~朝6時)

やっぱり、落ち着かない所では、深い眠りには就かないのかも。(それはそれでヨシ。)


二度寝して寝過して料金がかさんだりしたら嫌だから、

準備して、ドリンクめっちゃ飲んで腹に蓄えてから、チェックアウト。



朝7時の朝日は「超気持ちぃ~!」 (すこし肌寒かったけど・・・

昨日の騒ぎとは違って静まっている町…

新宿の朝見たいに誰もいない殺風景

そして、ちょっと感じた、孤独。。。



そこから徒歩で坂を登り「北野異人館」へ行くことにした。

途中、あの藤原紀香と陣内友則が挙式をあげた場所と思われる

「生田神社」なる場所を偶然発見!

11218.jpg

朝早くだったからか、意外とこじんまりしてた 。笑




坂をずっと上って行くと、なんていうか、高級住宅地?

112117.jpg


北野異人館という観光名所なんだけど、

112110.jpg



イギリス館とかフランス館とかイタリア館あった。

でも、開園?は朝9時からなので、見かける人は近所の犬の散歩の人だけ。

112115.jpg



開園していたら、物珍しい家の中にはいれる。

112118.jpg




もっと上にいくと、「北野天満宮

俺はその家々の間をさらに上に登って行き、

北野天満宮という場所へ直行!! (ここにユースがあったのでびっくり。)

112111.jpg


外の風景や北野天満宮から見える朝の景色を

誰にも邪魔されず独り占めした!

俺の求めていたものはコレだxくぁ~~~~~!!!!!

11242.jpg

「超気持ち~!!」

(無理矢利テンション上げてるので悪しからず…)

神戸湾が一望できる。(こんなところに住めたらな~

朝日が最高に感じられる場所。(いや、住もう!!



将来このあたりに家を買うことを決めました。(こういう家↓

112116.jpg





その後、駅の近くのカフェで朝食をとり、

112119.jpg



神戸駅で降りて、メリケンパーク


112124.jpg



やっぱり、最高。

ビルの17階から見える景色は(この写真、二回目

112123.jpg


海と山を一緒に楽しめこの景色!!


そういえば、たままた見えた海の向こうの大陸は四国なのか?



あとは六甲山が超有名らしい。

特に六甲山の夜景は最高だと、なにかで見た気がする。

次行く時は彼女を連れてその夜景を見たいな。(その前に、彼女を作って笑



(最後に宣伝ではないけど、オススメです。機会があれば、ぜひ神戸へ。)

(ぜひ、神戸の良さを楽しんでみください。)



この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

気ままに自分の思いつきで行動できるので、とっても素晴らしい朝に会える。

朝はいつでも幻想的な世界。

旅の基本は早起きだ。

一人旅では誰の心配をせずに朝早く目覚め、

旅が再開し、眠くなったら、宿を探せばいいのだ。

それもまた一人旅の良さだと思う。




押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif



ふと、一人旅にでてみようと思ったら、買うのはまずコレ↓


☆国内格安航空券サイトe航空券.com






スポンサーサイト
2007.11.24 Sat l 西日本一人旅 l COM(1) TB(0) l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。




熱田神社(愛知県)


名古屋駅から各停で二駅位の場所にある大きな神社だ。

のどかだった印象がある。


11211a.jpg



名古屋で歩きすぎて足が棒になった俺だったが、

名古屋駅から各停で二駅の熱田という場所にきた。

駅前には特に何もないが、

少し歩くと、でっかい公園みたいなのが見えた。


こっちは歩き疲れてるのに、

その神社の入口が駅方面に向いてない。

そしてその神社が大きすぎて、外苑を周るが

なかなか入口が見つからない・・・(どこだ~!!笑)


やっと入口を見つけても、まだ歩く。

足が疲れていると距離が長く感じた。

そしたら、奥の方に大きな神社が一つ。

お参りして、「もう次に行こう。」思ったら、


ハッピーな光景を目にした!!

若い仲良しの夫婦に、新しい初めての子供かな?

絶対、幸せな家族だよなぁ~と感じた。


(実は、単に今回はこの写真を載せたかったので動機付け・・・笑)




そうして、夕方には電車に乗り込み、夜にはさらに西を目指した。




【ちょっとおまけ編】

こんなICカードがあった!

今ではもう普通な改札でピッってするカード。

JR東日本はSuica




JR西日本はICOCAは知ってた。





そしてこの時、JR東海はTOICAがあることを発見した。(なんじゃ~!!)




(もしかしたら、三枚のカードを使い分けている面倒くさい人がいる可能性が・・・笑)


この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

たくさんの発見がある。

普段では気づかない光景が旅の中だととても新鮮に映るのだ。

それもまた一人旅の良さだと思う。





押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif



2007.11.22 Thu l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。




名古屋(愛知県)

名古屋は町はとても都会的 、

街が設計されて作られたのか、道がちゃんと整備されていた 。

都会のど真ん中に悠然とそびえ立つ、名古屋城は名古屋のシンボルって感じだった。

はお




その日のうちに、伊勢から電車で名古屋へ。

もちろん、18切符を使っての移動だったが、

ハプニング発生!!

なんと、乗っていたJRの列車が途中、私鉄の区間(伊勢鉄道)を走る。

そのため、私鉄の区間(鈴鹿駅など)の運賃を払う羽目に・・・泣
(たしか900円払ったような)


名古屋に着いた。外はもう真っ暗だった。


第一の名古屋の感想は・・・「うほぉ!!名古屋嬢」(でも、東京嬢とどこが違うんだろ?笑)


とりあえず、ネオン街を抜けて、駅からちょっと離れた

ユースホステル(愛知県青年館YH)へ。

日本で初めてのユースホステルを利用したが (シドニーで一度利用したことがあった。)

そんなには悪くなかった。

けど、ロッカーないのでセキュリティがめちゃ甘い 。
(まぁ、日本だから盗難とかは少ないけど)

ここはドミトリーというよりかは、和室の畳の上に雑魚寝。

(でも、こういうとここそ相部屋の人とは仲良くなるんよ。笑)


荷物を置いて、とりあえず、名古屋で有名なとんかつ屋さん

矢場とん」へ。

(栄の方にあるので、ちょっと遠い・・・)

途中、場所がわからなくなり、

「矢場とんってどこにあるんですか?」って、

綺麗なお姉さんに聞いてしまった。
(女の人にとんかつ屋さんの場所聞くのって意外と恥ずかしい。。。笑)

でも、有名すぎて、迷わず教えてくれた。

あと、ちょっと並んぶよ。

はへ


とんかつはというと、
ふ


味噌かつで、味噌は甘辛。

肉がデカくて、油が乗ってて、ソースが辛すぎない。

一皿食ったらめっちゃ腹いっぱいになった。

行列ができるだけのことはある気がした。




翌日朝、寝坊した。(しょっぱなから~)

でも、俺以外にも寝坊したっぽい外人がいた。

お互い、布団を畳んて話しかけてみた。(気まずくなったので。。。笑)

そしたら、彼は「シドニーから職探しに来た。」って、

俺もシドニーに行ったことがあるので、少しばかり話に花が咲く。


そのうち、建物がユッサユッサと揺れているのがわかった。


俺が「あっ!地震んじゃね?」って言うと


彼は「えっ、本当に?!俺生まれて初めての地震だ!」とか言って喜んだ。

(後々、この地震が能登半島沖で起きた大地震だということがわかった。)


む




その後、遅い朝ごはんを食べに出かけた。

名古屋の朝の定番のコメダ珈琲に行った。

名古屋では朝は珈琲を頼むと、無料でトーストとゆで卵が付いてくる。(モーニング)

ほま


そして、名古屋200店舗を誇るこの店の定番メニューが 「シロノアール」

み


バターの利いたクロワッサンの様なサクサクの生地に

アイスクリームが乗っている

確かに、甘い!でも旨い!




昼は栄まで、歩いた。

・テレビ塔
はあ


東京タワーとは違い思ったよりも高くない。

あまり惹かれなかったので、登らないことにした。

(あの高さのタワーで、高い入場料取るとはどういうことだ~!!笑)


少し気になったのが、フツーのショッピングセンターについてるコレ。

・シャンシャイン(池袋のとはちがうのかな?)
はう1


観覧車!!(なんじゃ、こりゃ~)

観覧車が思いっきり横から・・・

男一人で乗るのは憚られたので乗らなかったが、

あの観覧車から見える景色に結構興味ありだった。(笑)


・名古屋城…
ひあ


シャチホコみたさで行ったので、

シャチホコが見れた時は、感激だった。(笑)

中は歴史博物館みたいになっていて、正直、城内部という感じではないから、

少し面白みに欠けた。

けど、やっぱり上から見る景色は格別だった。

ひい


名古屋を一望。


帰りには場内でこんなものを見つけた。(石の間から根が刺さってる?!)

ひう




めちゃくちゃ歩いたので、ヘトヘトになった。

名古屋駅に戻って、昼食を食べることにした。

名古屋駅は駅の上にめっちゃでっかいビルが立っている。

JRタワーズ & 上から(やっと晴れてきた)
ひお
ふあ



その中には駅中レストランがあったので、

昼食はまたもや評判の高い一品

山本総本家の味噌煮込みうどん
ふい



昼過ぎなのに並んで食った。なのに、

正直、ガッカリした。麺が不味い。(こういうものなの?笑)

(金と時間を返せ~! 泣)





行ってみて感じたが、

名古屋は特にこれと言って観光するという感じではない。

東京みたいな都心だ。(フツーにパルコとかあるしw)

め



でも、とても美味しいものがあるので、食べるならとても良いところだと思った。

(最後に宣伝ではないけど、オススメです。機会があれば、ぜひ名古屋へ。)

(あっ、ぜひ小腹を空かせて・・・笑)




この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

そんな俺でも、ユースホステル(宿など)で新しい出会いがある。

そう一人旅は一人と感じないくらいたくさんの人と会話すれば、

寂しくないのだ。それもまた一人旅の良さだと思う。



押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif



2007.11.17 Sat l 西日本一人旅 l COM(2) TB(0) l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。




伊勢神宮(三重)~世界遺産~

ここは趣深い場所だった。

神聖で空気がシンとしていた。(そりゃ、神様が眠るばしょだもんな。笑)

江戸時代だか何時代だかには、伊勢参りと言って遠方から

この伊勢神宮にお参りに来て、神様にお祈りしていた時代があったそうです。


かう



前日、三重のネットカフェか何かで一泊するつもりだったが

そっち方面に行く電車がなくなった・・・

結局、大阪の親戚の家に舞い戻って泊めていただいた。


翌朝、生憎の空模様。。。

近鉄なんとか線の電車に乗って、三重方面へ向かった。

電車は山々の間をずっと突き進んでいった。

途中、ポツリポツリと雨が・・・


雨が降りだしてすぐに伊勢神宮に到着。

伊勢神宮は内宮と外宮があって、それぞれ離れている。


駅に近い方を外宮と呼んでいて、そこにもたくさんの神様が祭っていた。

で、ビックリしたのが、神様って物体がないということらしく。

ぶっちゃけ、小屋の中には何もない。

(実際は神様が居るってことになっているんだけど)

特に仏像とかがあるわけではなく、

空間に向かってお辞儀するんだよね!!(笑)
あああい


あと、なんつうんだろ?屋根のふき?

苔の生え方が、イイんだよね。(たぶん)

うあ


(ハゲ方もこんな感じならカッコイイのかもしれないなぁ~)




内宮へはバスへ乗って行った。(確か150円くらいだったような・・・)

~内宮入口~
あえ



こっちに来てみると、こんな雨なのにたくさんの観光客がいた。

伊勢参りって現代の人でも行っている人がいるのかな?(まさか)


あお




御生宮という、メインの場所には人がたくさんいすぎて、

「ったく、こんにゃろ~傘ジャマ!!」

オチオチ頭を下げれないほど混雑していた。

(ここだけは、趣もクソもなかった。笑)

かい




ここにきて、何でみんなはお祈りしているのかな?と思った。


もしかしたら・・・



昔から伝わる何か、

日本人の心に眠る神様に向かってお祈りしているのかもしれないなぁと思った。

(後々、そういう気持で中を回ると結構新鮮でよかったです。)



ああ




帰りにはかのニュースで有名な

伊勢の名物の「赤福」(のぜんざい)を食した。

結構、甘さ控えめで旨かったべ!!

かえかお




その後は、「伊勢うどん」を食した。

俺はこっちがオススメ!!

見てみて!! 伊勢うどんのスープは醤油のように黒いんさ。

いあいい



「うわぁ~こりゃ味確実に濃いだろ~」と思いつつ

食ってみると・・・


「んっ~!! まぁあ」

思ったよりも味は濃くない。というか、旨かった!



帰りはおかげ横丁を通り、歩いて駅まで帰った。

いういえ




※注意:駅から少し遠いです。帰り道、歩いたら結構あった。ミスった~(笑)


この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

なんもない所に来ても、

歩きながら、心で神様と

サシで語り合うのが、一人旅の良さです。



(最後に宣伝ではないけど、オススメです。機会があれば、ぜひ伊勢神宮へ。)

(あっ、ぜひぜひ晴れた日に。笑)


もしよければ、私の西日本一人旅日記を旅のご参考にしてみてください。
●シリーズ:「西日本一人旅」●



押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif


2007.11.14 Wed l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

初めは一人旅なんて本当に何もわからない。できないと考えていた。

でも、終わってみれば、めっちゃ簡単だった。

考えるよりも、まずやってみることから始まるのだ。

大そうなことは書けないが、この18日間の西日本一人旅での日記を通して、
旅は楽しいということ、誰でも簡単に日本を堪能できることを伝えたいなと思う。




最初に訪れたのは

高野山(和歌山県)~世界遺産~


ここは日本の魂が眠るといっても過言ではないほど、神聖な場所だった。

森林に囲まれ、散在した墓と墓の間に一人で立っているのは

日常の慌ただしさを忘れるくらいの別世界だった。

高野山1



早朝に東京を出発し、大阪まで鈍行を乗り継いで一日だった。(18切符使用)


前日まで大阪の親戚の家に泊めてもらい、


翌日、和歌山にあるまた別の親戚の家に泊めていただいた。

人さまの家に一人で泊まることなんて過去に一度もなかった。

(ぶっちゃけ、少し心細かった・・・)

思えば、この時、ご先祖の仏壇の目の前で寝たけど。笑


翌々朝、親戚の方に和歌山駅まで車で送ってもらった。


和歌山駅から和歌山線で一時間くらいだったかな。

山に向かうということもあって、見渡す限りのド田舎!!

そんな場所は、電車が数本しかない。(大変だった~)

[JR難波からも電車で行けるからアクセスは悪くないと思う。]


でも、そんな電車の中は親密感でいっぱいだ。

途中の電車の中で、隣に座っていたかわいらしいお婆ちゃんと友達になった

「あら学生さん?若いね~」

「私なんて、今年で90よ。」(びっくり!!年寄り全然若かった。)

「どこ行くの?」

「私?私はお墓参りに行くの」(この時、お彼岸だった。)

「あっちに見える川は・・・で。あっちに見える山は・・・って言って、てっぺんが平らで・・・」

電車から見える地元の川や山などいろいろ教えてくれた。

「私にもあなたくらいの年の孫がいてね。あたなにそっくりだわ。」

「気をつけていってらっしゃいね。」と言って、途中で電車を降りて行った。
(お婆ちゃんこそ、気をつけて行ってきてという感じだった。)

ホント、90には見えない若くて元気なお婆ちゃんだった。

(最後に一緒に写真撮ってくださいって言ったら、断られちゃった。涙)

地元の人って温かい。。。



麓まで電車で行って、ケーブルカーに乗り換えて山の上まで行くと、

そこはある村の集落みたいな感じだった。

ぬ






メインは一番奥にある「奥之院」という場所。

とにかく墓ばかり。たくさんの墓や慰霊碑が森に囲まれていた。

ね



戦争で死んだ人を供養するものや、殉死した人の墓とか

織田信長豊臣秀吉、松尾芭蕉、上杉謙信、石田光成、明智光秀とか・・・

なんか聞いたことあるなぁ~っていう武士の墓がたくさんあった。(す、少し鳥肌が・・・笑)

(信長を暗殺した明智光秀が近くに眠ってるっていうのも面白い。)

高野山1ち


樹齢何年だか分らんめちゃでかい木があったりとか、

そこは日本の風情を今も残していた。(日本の心ここにあり!!って感じだった。)


の


歴史に弱いので、ガイドツワーに紛れ込んで、耳を傾け、話を聞いたりしてた。

(この日お彼岸だったから)
「こういうお彼岸の日には、ご先祖が必ず、お家に帰ってきています。
テーブルの上でも仏壇でも、どこでも良いです。いっぱいのお茶をお供えしましょう。」とか、

「お墓に水を上げる時に、いきなり上から水をかける人いるでしょう。(俺もです。笑)
いきなり頭から水をかけられたら、ご先祖様がビックリしますよ。
水は、肩までかければ十分です。」

とか、ちょっとした豆知識も聞いた。(ちょっと勉強になった。笑)



確か高野山は弘法大師が真言宗をひらいた山だった様な…

もっと歴史を知っていくと楽しかったかもしれない(笑)





そうそう、こんなものも供養してたたんだよ。

ぺ




安らかに、眠れ。


し、白アリって・・・?!笑



-----------------------------------
一応、高野山とはどういうこところか(引用:http://www.shukubo.jp/index.html)

およそ1200年前に、弘法大師(空海)によって開かれた、
真言密教の修行道場であり、全国に広がる高野山真言宗の総本山です。

山の上の盆地に、壇上伽藍と称する聖地があります。
そこには、さまざまなお堂や塔が立ち並び、 仏像や曼陀羅が参拝者を迎えます。

また、うっそうと杉の樹の茂る奥の院には、太閤秀吉から太平洋戦争の英霊まで、
さまざまな人々のお墓が立ち並んでいます。
-----------------------------------



高野山からの帰りのロープウェイの中にヨーロッパ系の美女2人が近くにいたので

調子に乗って英語で話しかけてみた。

「どこから来たの?」

そしたら、相手は苦笑い。

二人ともロシア人だった・・・(顔で国籍見分けられるほど器用ではないっす。笑)



この旅は俺の初めての日本での一人旅だった。

この日、一日でもめっちゃ日本を堪能した気がする。

そして、一人で旅に出れば、自然と周りの人との会話が始まる。

そんなところが一人旅の良さです。



(最後に宣伝ではないけど、オススメです。機会があれば、ぜひ高野山へ。)


押してください↓↓(よろしくです!!)

     banner2.gif


2007.11.10 Sat l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
去年の春、大学の留学生(7人)と共にタイへ行く予定をしていたが、

とある事情で、突然キャンセルになり、

残ったお金で、18切符を利用して、日本を旅することにした。

これが俺の初めての旅だった。

~東京駅~
東京駅






2007.11.10 Sat l 西日本一人旅 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。